元販売員がオススメしたい!!19-20AWランウェイコレクション

バイヤー

こんにちは。

バイヤーのTAKAHIROです。

昨日は、僕の36才の誕生日でした。

多分、今年が人生で一番、多くの人に「おめでとう」と言ってもらえたような気がします。

誕生日は何か自分にご褒美をしようかな?と考えるのですが
特に何もしないで過ごしますww

どうやら僕は、自分より人にお祝いすることの方が好きなようです。

昨日は、「オススメの雑誌」をご紹介させて頂きました。

9/8のRFB episode2でも題材にしたSENSEは
オススメです。

本日は、「Road to fashion buying」セミナーを通じてもお伝えしていたランウェイコレクションについてお話していこうと思います。

セミナーでも
「ランウェイコレクションを見てる人どれぐらいいるのかな?」

と思って参加者の方に聞いてみたのですが、

意外に少ないなという印象でした。

理由としては

・ランウェイ見ても何を見たら良いのかわからない
・意味がわからない・・・
・つまらない・・・

といったようなご意見がなのではないかなと思います。

昨日のメルマガでも少し触れましたが

「僕も初めは意味がわかりませんでした泣」

その頃の経験を踏まえて読者様にランウェイの見方としてのアドバイスは

「引きで全体を見る。」

です。

「はっ?」

と思った読者様もいらっしゃるかと思いますが、これはどうゆうことかと言うと

慣れていない内は、ピンポイントでアイテムや、シルエットに目がいきがちなんですね。

この行為は、一見、問題ないように思いますが、ピンポイントで見てしまうとアイテムが個性的すぎたりカラーリングが独特過ぎたり、そのものの印象しか残りません。

映画やドラマに例えると

俳優さんの顔や誰が出ているのか、または服装ばっかり見ていて

肝心のストーリーや台詞、間の置き方、空気感を見ていないのと同じ感覚です。

個人的に大好きな映画「クローズZERO II」俳優さんが誰だろう?制服は何色だろう?と見るより表情や空気感で物語やストーリーを想像するとワクワクしますよね。

映画やドラマは、繰り広げられていく物語の展開やストーリーを中心に見ると思いますし
単純にそっちの方が面白いですよね。

最初は、ランウェイを「一つのドラマ」や「物語」として全体を見てください。

そうすると見えていなかった部分が見えてきますし、ブランドの世界観がはっきりと見えてきます。

これを踏まえて頂き、僕がオススメしたい2019-20AWのランウェイショーを是非見てみて欲しいと思います。

僕が個人的にオススメしたい19-20AWランウェイショーはこちら

・VERSACE(mens)
・Louis Vuitton(mens)
・VALENTINO(mens)
・PALM ANGELS
・CHANEL

全部、10分程度で終了しまうので通勤時間や何かの合間にでも見てみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました